--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.06

動物愛護センター

ブログmarico's familyさんより

動物愛護センターに行ってきました←クリックすると、

maricoさんが撮影した動物愛護センターの内部や収容犬の写真とレポートを見ることができます。助けを求めてくる子、首輪をした子、純血犬種の子の姿も多く見られます。

↓コーギーや黒ラブも…
f0070917_11201734.jpg 
以下maricoさんの言葉の一部です

捨てるのだったらどうして生ますのかな?
何のために生まれてきたのでしょうか?
この世に生を受けてたった数ヶ月で何もしていないのに、苦しみ殺されていくのです。

imgc9c0734ecizfb3.jpg

お願いです。保健所に連れて行くという人が居たら、引き止めて欲しいです。
当然ですが繁殖しないで欲しいです。
家族として考えられない人に動物達を渡さないでください。
迷子札は必ずつけてください。
お願いです。何度センターに行っても少しも数は減っていません。



この現実を目の当たりにして、いくら私が殺される運命の犬たちのことを文字だけで書き表すだけでは他人には伝わりににくい、それよりも実際の映像の方が説得力があるのかもしれない…と感じてしまいました。

これを見て、
「かわいそうだけれど何もできない」の一言でで済ます人もいるかもしれないけれど、本当にそうでしょうか?

飼えなくなった犬猫(特に猫は捕獲対象ではないので、全て飼い主の持ち込みです)を連れて行くと、こんな殺され方をされる事を知らせることから始めないとなにも変わらないと思うんです。

避妊手術の重要性を教える。
里親を探す団体があることを教える。
迷い犬を警察や保健所に通報しても、数日以内に飼い主が現れなければすぐに殺されてしまうという事実。


それだけ知ることでも、少しはマシになる事ではないのでしょうか。

とくに仔犬を捨てる人に言いたい。
犬は一度に何匹も仔犬を産みます。ヒートごとに妊娠すれば一年に二回です。
一度手術するだけで、毎年やってくる、育てる事のできない「いらない」仔犬はなくなるのです。一度の出費より、毎年生まれる子犬たちをそのたびに殺す費用の方がかかると思うのですが。

殺す犬の数が減れば、その分のセンターの運営費用の負担も減らすことができるし、良いことだとおもうのですが…
なんかお金の事ばかり書いてしまう。。犬が好きなので、感情論が入ってしまわないように書いてみたらこんなことに>< 自分の考えが上手く書けないなぁ~

犬が欲しい人が自分の住む地域にあるセンターに足を運んでくれれば…
恥ずかしいことに、私は犬を飼うまでこういったことを全く知りませんでした。
すぐ近くでも沢山の犬が殺されているのです。
それだけでも知っておかないといけないと思いました。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://raikyuru.blog59.fc2.com/tb.php/9-27823afe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
midoさんこんにちは。
記事を読んでくださってありがとうございます。
まずは犬を飼っている人だけでも…ですよね。本当に知らない人が多い気がします。お互いできることからやって行くしかないんでしょうけどねぇ。

やっぱりこうして自分達の税金でこんなことされてるんだから、他人事として済まされないと思ったりします。
Posted by natsuo at 2006.04.26 13:49 | 編集
久しぶりにネットをする余裕が私にあって遊びに来ました。
maricoさんの記事、ずーんと来ました。
感情論になっていないですよ。
natsuoさんの言いたいことに近い思いを私も最近感じていて、
少しでも多くの人に知ってもらうことは大事だと思います。
犬を飼っている、犬が好きな人にまずは知ってもらって、周りの人に伝えていってもらいたいと思います。
飼われていたような犬がたくさん処分を待っているのは、信じられないという思いでいっぱいです。
Posted by mido at 2006.04.23 01:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。