--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.21

今朝とくダネ!http://www.fujitv.co.jp/tokudane/index2.html
という情報番組をみていて「とくダネ特捜部~高齢者がペットを手放すとき」という内容が。

半分くらい見たところで家を出る時間になってしまったのですが、考えさせられてしまった。

体を壊して散歩ができなくなってしまった夫婦が飼い犬を有料の施設へ預けたり、
高齢なのに孤独に耐えられず犬を飼ってしまった人が自分の死後終生ペットの面倒を見てもらえる契約をしているといった事が紹介されていました。

あと無料で犬猫を引き取っている施設の紹介している所で遅刻しそうだったので出発…

インタビューの人も言っていたけれど、面倒見切れない可能性が高いのに飼ってしまうのは無責任だと思う。
けれども若くても事故で大怪我をしたり亡くなってしまうこともある。
ひとごとじゃないなぁ…と

そして簡単に動物センターや保健所へ連れていかなくても(飼い主の持ち込みだとほとんどの場合すぐ「殺される」んだし。。)
こういう道があるということを知ってほしい。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://raikyuru.blog59.fc2.com/tb.php/82-526e4238
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
v-22シュナママさん
コメントありがとうございます☆
シュナママさんのブログいつも楽しく…読み逃げばかりですみません(汗)ドッグパーク関係の記事を探して、偶然見つけて以来です。
本当にお世話する人は大変そうですよね。やっぱり老犬が多そうですし。
飼い主が変わったら負担がかかりそうだし、なるべくはお世話にならないように自分たちも意識して生活しないといけないなぁと思いました。
この番組では日本ドッグホームさんも紹介されていましたよ。


v-22みゆさん
こちらにも来てくださってありがとうございますw
私も家族がいるし、今まであまり深刻にとらえてなかったのですが家族旅行に出かけることもあるのでそうもいかないなぁと思ったり。。
(まぁそんな怖いこと考えたくないですよね;;)
ちょうどシロちゃんの事と同時期にこの番組があったので、余計に考えさせられました。
シロちゃんジュリちゃんはみゆさんのおかげで良い道を歩けそうで、ほんとによかったです♪
Posted by natsuo at 2006.11.24 13:03 | 編集
こんにちは☆
ここに来るのは久々です。
特ダネ、私も見ました。
複雑な思いでじっくり見ましたよ。
高齢でなくても、一寸先は闇(でしたっけ?^^;)
いつ何があるかわからないから、自分に何かあった時の対処などは
しっかりと考えていかなくてはいけないですね。
私はまだまだ大丈夫!!なんて思ってたのでちと反省です。
シロのことでは、ご心配頂きありがとうございました。
友人のおかげでシロの余生はゆっくりと過ごせるかなと思います。
ありがとうございました。
Posted by みゆ at 2006.11.23 10:18 | 編集
私見逃してしまいました。
でも知ってました。自分の元気なうちは考えもしなかったけど、こんな場合もないとは言い切れないんですよね。
そんな時このような団体さんがあるって気持ち安心しますよね。
でも大変だろうに、偉いなぁって頭がさがります。
私のブログにも書いたんですが(伝えていことで)ピースハウスさんでは、老犬やもう貰われていかないであろうわんちゃんをも引き取って二人の女性が看てらっしゃる。
日本ドッグホームさんも老犬を引き取ってらっしゃる。ワンライフさんもHappyStepさんもみんな頑張ってらっしゃる。ほんとにワンのために。足向けて寝れませんね。
Posted by シュナまま at 2006.11.21 20:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。