--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.01.13

独り言

久しぶりにブログを開いてみました。

しかし暗い話題なのであまりお勧めできません。
ちょっと吐き出したかったので




こうしてブログを書くのも数カ月ぶりになります。



実は昨年は同居していた家族が亡くなり
他の兄弟は結婚しているので私が手続きやらなんやらを主にしていました。

その後姉夫婦が犬を飼い始めたのですが
共働きで留守番が多くかわいそうなので我が家に預かりに(というより預けさせられたような・笑)
チワワの元男子です。他の2匹がでかく見える(笑)
長い間ショップにいて 半年過ぎてから迎えたそうですが
チワワなのに目が小さすぎて笑いの種になっています。
ビビリだったのに我が家に染まって食い意地の張った子になりつつあり
当初は 怒りまくるライチや いじけるモモでしたが
今は慣れて一緒に散歩にも。
色々な事がようやく落ち着いてきた…と思ったら

ライチの血液検査の結果が良くなく、
初期の腎不全ではないか と言われました。

しかし尿検査をして確定診断を出してから
治療方針やらを決めるということで
連休中は検査機関が休みなのでまだ検査できていません。不安。


異常があったのは
総蛋白       10.4 (正常値5~7)
アルブミン     76.0 (正常値2.6~4)
尿素窒素(BUN) 7.7 (正常値9.2~29.2)
GOT       92 (正常値17~44)
アルカリフォスファターゼALP 425 (正常値47~254)

脱水と飢餓状態になりつつあると…
栄養分が取り込めていないようです

腎不全で検索してみると、あまり良い事が書いておらず…
そもそも腎臓は70パーセント以上機能が破壊されて初めて血液検査で異常が出るそうです。。
つまりかなり前から悪くなっていたということ
腎臓は治らないので、現状維持が治療法になるということ
犬の状態によっては 長く付き合っている子もいることなどは分かりましたが…

確かに水はよく飲んでいたし、モモと比べると色が薄いなあと思っていましたが
最近ペットシートが濡れていても遠目ではわからないくらい色が薄くなっていました。
何でその時におかしいな?と気付いてあげられなかったのか

ちょっと痩せてきていたし(全盛期の頃は5.6くらいでしたが、ここ数年は5.2キロくらいです)
かかりつけの獣医さんの所で毎月フィラリアの時は診察台兼の体重計に乗せられて測っていたので
安心していました、が
落ち着きがないのでお座りさせても尻尾ブンブンして数値が変わりまくっていたので
正確な数値じゃなかったのかも…家でも測り直しとけば…とか細かい部分が気になり出してまた後悔。

10歳超えてるし血液検査は?と聞くと1年後くらいでいいと思いますよ~といわれ
その後 家でゴタゴタしていて検査がさらに遅くなったのも悔やんでいます。

(ちょっとそこの先生は緩いのかもしれない。
フィラリアの血液検査も、2年くらい通っていたら
「蚊のいる季節は全部飲んでくれてたからしなくてもいいよ」と言ってくれたり
お金儲け主義じゃない所は良いと思うんですが…)

まだ一周忌も来ていないのに
さらにライチまでもが自分の元からいなくなってしまうのかと思うと
平静でいられません。。。 
姉や知り合いに話しても心は晴れず。。
私が落ち込んでいても何も変わらないのは分かっているのに。

まだ元気で散歩も喜んで行くし 毛も生えそろって去年よりきれいだし(これはアレルギーとマラセチアのせいだったのだろうけど)余計に…
肝臓サポートを食べさせておきながら
散歩中に会った人からオヤツをもらったり
親戚が野菜サラダのかけらをあげても喜んでるからいいか、と放置していた
自分の認識の甘さに嫌になります。

冗談交じりに10歳超えた頃から 年が年だし
何が起こってもおかしくないよね~とは言っていたものの
時期が時期なせいか ものすごく落ち込みます。

スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://raikyuru.blog59.fc2.com/tb.php/418-9e433cf5
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。