--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.03

原風景?

 9月末の休日に、ドライブがてら京都にある
「かやぶきの里・北村」 という所に行ってきました。
昔ながらのかやぶき屋根の建物群を
住民の方達が景観を保存しているそうです。

まるで昔話の世界に入り込んでしまったようでした。



1009302.jpg
●◎画像クリックで拡大します◎●




今の季節はちょうどそばの花が咲いていたり、

1009303.jpg
●◎画像クリックで拡大します◎●



一面、黄金色に染まった畑を見る事ができました。

100930.jpg
●◎画像クリックで拡大します◎●

稲穂のような物が干してありますね~



その日は気候もよかったおかげか
村の中にはけっこうな数の観光客がウロウロしていました。
 年齢層が高… ←ほっていてあげなさい  


1009305.jpg


この建物群はお土産物屋さんや民俗資料館なども含まれますが、
見た感じでは普通の民家もあるようでした。

家のそばにこんなに見物人が来て落ち着かないのでは…と少し気になりつつ。

じつは近くに駐車場があったのですが、無料だし
村の入り口付近にある案内板には
小さ~く「維持のための寄付をお願いします」
と書いてあるだけ。
お邪魔ばっかりでは申し訳ないではないか。と思いスズメの涙ほど寄付
(車の騒音やガスやらも大丈夫かな…と心配になったり)





1009304.jpg
●◎画像クリックで拡大します◎●

そして民俗資料館にも入ってみました。




1009306.jpg



民家をそのまま利用したもので、
室内には昔の生活用品が集められ置いてあり
牛が飼われていた場所(一つ屋根の下な事にビックリ)や
離れ?や蔵、昔の風呂場やトイレなども再現されており
見たこともない物ばかりで新鮮でした。

あと屋根裏にも上がれるようになっていて
かやぶきの内側が見れたりで
個人的には楽しかったです。



100925hg.jpg


民家の脇に植えられた花々やら
お地蔵さんやら(「と●りのト●ロ」を思い出した^^)
すてきな被写体が多くて(下手のナントカですが)楽しかったです。



100925jz.jpg




同じ日本なのにまるで別世界に見える
これが当たり前の生活だった時もあったのだろうに
と思うと不思議な気分になります。



100925ha.jpg

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://raikyuru.blog59.fc2.com/tb.php/346-4ae5e7ef
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。