--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.21

結局ライチは手術をして
約一週間の入院ののち
自宅でリハビリをしながら過ごしています。

2か月経ちましたが
まだ左足を引きずってしまい
長距離を歩くと背中を丸めて猫背のようになって
歩き方がグラグラしてしまうのですが
4本足で立っている時間も多くなり
自分の意思でウロウロしたり
帰宅すると前のように出迎えてくれたり
散歩で会う人達にも愛想よくピーピー言っていたりと
元気を取り戻しているように見えます。

P1010307.jpg

普段はカートに乗せて公園まで連れて行っています。
この時は写真を撮ろうと取り出したオヤツに興奮してピョンと立ち上がってしまいましたが><


手術を行った病院では
血中脂肪の数値が気になるけれども
他は問題なし、と言われていたので
様子を見つつ いつもと変わらぬ生活をしています。

P1010323.jpg
こちらの二匹、 取っ組み合いになる事もあるけど眠くなるとこの通り^^ 

数カ月前の動揺はどこへやら。。(のど元過ぎれば…の典型ですな)

生きている物は 着実に死に近づくということを見ないようにしていたせいなのかも。
気持ちの上では本当にイヤなんだけれども
もっと静かに受け入れて しっかり見守っていかなければいけないと、と思う。
逃げた所で変わらないのだから。
これからも自分の無知や不注意に後悔するような状況になるかもしれないし
いや、皆どんどん年を取っているのだから絶対ある。
しんどくさせないように してあげなければ。

う~ん でもやっぱりそういう事を考えると不安だし、嫌だなあ(どっちやねん・苦笑)
ちゃんと面倒をみてあげていられているのか、自信がなくて。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。