--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.26

お蔵出し

梅雨です。

雨で犬の散歩にも行けなくなる日も出てきました。
ライチは家のトイレでもできるのですが
やはり室内に閉じこもっているのは暇らしく、
出かけようとすると視線が痛い><
「今だ!」と雨が止んでいるのを見計らって数分ほど出かける事も。
雨が降っていなくても足が短いせいで
アスファルトに残った水がはねて
お腹がビシャビシャになるライチです(笑)
レインコートを着ても同じ。。。笑。
色々と面倒ですが恵みの雨なので少しの我慢です。


そしてネタがないので
2月のバレンタインの時に
父が姉からもらっていた面白いチョコレートの画像を。



超・リアルなゾウガメ型のチョコです。


1006252.jpg
**クリックで画像拡大**

甲羅の一つ一つまで綺麗に再現されています。


1006253.jpg
**クリックで画像拡大**


個人的に甲羅の外側のビラビラ(検索してみると・・縁甲板とか臀甲板などというらしい)
までちゃんとついている所と、脚がかめおくんに似ているのが良い^^



100625.jpg
**クリックで画像拡大**

手の平に乗るくらいの大きさですが、並べてみると

我が家のかめおくんの方が大きい。どこまで成長するんでしょうか。




このカメさん、消費期限が近づいてきたのでやむなく鏡開きに(←違う)
中身は空洞でした(笑)
スポンサーサイト
2010.06.10

フイルム写真

先日「大人の科学」の付録で組み立てた
2眼レフで撮影した写真を。
(画像クリックで拡大します)


r10682.jpg




r10686.jpg

オヤツがないと、モデルに非協力的なお方です。
餌がないとマテは数秒しかできない><
カメラをいじっていると「何してんの~?」とばかりにすぐに駆け寄ってくるライチさん。


デジカメを使い慣れた人間が急にフイルムでいけるのかと不安でしたが
意外とボツになったものはありませんでした。
(もう像が判別できないほどブレるかと思っていた・爆)

とはいえやはりピントが…微妙(恥)

中央にピントが合っていて周辺に行くにつれぼかしが出るのが理想なのですが。

ちゃんとあわせてから撮ったつもりが。。
手ブレなのかな??
(本体が軽いので手元をしっかり固定しないといけないようです)続きを読む
2010.06.09

おとなだって~

雑誌の付録という物は魅力的です。

さいきんはファッション誌などでもよく見られますが
(あれはちょっと中身が読めずメイワクに思う時もある。。が、
 買ったものは厳選しているので使用率高いです(笑)犬の散歩バッグにしたり。)

今回は本格的に、付録メインの本を買ってしまいました。


こちらの2眼レフカメラを組み立てられます。



100608.jpg
◎●画像クリックで拡大●◎

このデジタルの時代にフィルムへと逆行、という(笑)

以前雑誌で見かけた何ともいえない色合いと
ピントの不思議さに惹かれ
ずっと興味はあったのですが
お高いのと、デジカメですら微妙な出来の写真技術しかない自分が買っても
「宝の持ち腐れ」になってもったいないのではと思い。。この付録を。
組み立てる作業も好きなので。



組み立てる前はこんな感じでした。

レンズも本体もすべてプラスチック製です。


IMG_0559.jpg

親切にも小さなドライバーが付いてます。
ちまちま組み立てていく過程が楽しくて~
わくわくします^^
シャッターの一部に使われるバネを取り付けるのに
細かい作業を要するので、指の太い人は苦戦するかもしれませんが。。
あとは説明書どおりにボルトを締めてゆけば
簡単にできあがりました。


市販の35ミリフイルムをセットして、
家にあった古いカメラのストラップをくっつけて
一人前のカメラに見えてきたところで
野外へと撮影に繰り出しましょう~

IMG_056922.jpg
「食べ物じゃないんか。。」

犬と人間との温度差を感じつつ、撮影の結果は
スキャナでネガを取り込んであるので後日!




大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook)大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook)
(2009/10/30)
大人の科学マガジン編集部・編

商品詳細を見る



そしておまけ。続きを読む
Posted at 02:27 | 読書感想 | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。