--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.09

おとなだって~

雑誌の付録という物は魅力的です。

さいきんはファッション誌などでもよく見られますが
(あれはちょっと中身が読めずメイワクに思う時もある。。が、
 買ったものは厳選しているので使用率高いです(笑)犬の散歩バッグにしたり。)

今回は本格的に、付録メインの本を買ってしまいました。


こちらの2眼レフカメラを組み立てられます。



100608.jpg
◎●画像クリックで拡大●◎

このデジタルの時代にフィルムへと逆行、という(笑)

以前雑誌で見かけた何ともいえない色合いと
ピントの不思議さに惹かれ
ずっと興味はあったのですが
お高いのと、デジカメですら微妙な出来の写真技術しかない自分が買っても
「宝の持ち腐れ」になってもったいないのではと思い。。この付録を。
組み立てる作業も好きなので。



組み立てる前はこんな感じでした。

レンズも本体もすべてプラスチック製です。


IMG_0559.jpg

親切にも小さなドライバーが付いてます。
ちまちま組み立てていく過程が楽しくて~
わくわくします^^
シャッターの一部に使われるバネを取り付けるのに
細かい作業を要するので、指の太い人は苦戦するかもしれませんが。。
あとは説明書どおりにボルトを締めてゆけば
簡単にできあがりました。


市販の35ミリフイルムをセットして、
家にあった古いカメラのストラップをくっつけて
一人前のカメラに見えてきたところで
野外へと撮影に繰り出しましょう~

IMG_056922.jpg
「食べ物じゃないんか。。」

犬と人間との温度差を感じつつ、撮影の結果は
スキャナでネガを取り込んであるので後日!




大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook)大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook)
(2009/10/30)
大人の科学マガジン編集部・編

商品詳細を見る



そしておまけ。続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 02:27 | 読書感想 | TB(0) |
2009.02.18

偽ノスタルジア

季節柄かどうも無気力になりがちです。
出かけたり何かしている時はそんなに気にならないんですが
1人でボンヤリしていると、つい。

こんな本見たりして。

軍艦島 全景軍艦島 全景
(2008/12/10)
オープロジェクト

商品詳細を見る


長崎にある端島という所。炭鉱で成り立ち、高層アパートが立ち並び商店、病院や学校まである
島全体が超近代的な街だったが、
70年代に廃鉱になるとすぐに無人になってしまった所です。
それから数十年放置された鉄筋コンクリートの塊は独特の風景を作り出しています。

ネットで調べてみるとメジャーなのか写真集買わなくてもかなり色々な写真が見れます。
(ただし現在は立ち入り禁止の場所なので注意)


続きを読む
Posted at 12:09 | 読書感想 | TB(0) |
2007.12.20

カテゴリ作っていたのに活用していませんでした^^;
ちょくちょく本を読んではいたのですが、
前に書いた「ベルカ…~」みたいな期待はずれな本もあり(毒吐き)
イラストサイトを作ってからは参考も兼ねて
図書館に行っても絵や図鑑を見ることが多くなっていたので。

3冊選んでみました。


続きを読む
Posted at 12:58 | 読書感想 |
2006.08.03

ひきこもり&横で寝る犬

結局昼近くまで寝て、ダラダラけた生活を続けたせいかまたしても肌に異変が。。
突然1日2食になったらそりゃあダメですな。

しかも私が寝坊していたら、部屋の周りでチャカチャカと足音が。

ん!?なんでライチが2階に?

数日前(7月の日記参照)イタズラをした後に逃げたい一心から階段の手作りバリケードを壊したのでコツをつかんでしまったみたい。。

何でそういうところには知恵がまわるかな

散歩中にオヤツをもらう時でも、お座りしてて欲しいのにあまり気にせず渡してくれる人の前では、する気なしで。。
リードで無理矢理押さえてる始末。

何かいい方法は無いのかな~

私はというと夏が苦手なインドア派なのでテストが終わってしばらくは涼しい図書館で本を読み漁ってました。
シビアな話を読んだらヘコみそうなので(テスト後だし。。笑)違うものを重点的に見ています。
が!学校が休みになってしまってからは暑いし、日に焼けるし。。家にいよう。と、そこへたどり着く以前の問題に(爆)1日中ライチと一緒ですがず~~っと食卓の下のフローリングで寝てばかりです。
どうりで散歩の時ハイテンション。。

町田康 「東京飄然」
京極夏彦「豆腐小僧双六道中ふりだし」「どすこい(仮」
あと、「ベルカ、吠えないのか?」「ダーリンは外国人1・2」やピーコさんと阿川佐和子さんの対談とか(笑)佐藤愛子(作家)さんのエッセイなどなど。。

色々と読んだのでいくつか感想を。


これから読みたい方は見ないようにして下さい~


続きを読む
Posted at 14:35 | 読書感想 | COM(0) | TB(0) |
2006.05.11

雨降りでひまなので。

雨で散歩に行けないので、図書館に寄り道。
「ボクを救ってください」エリザベス・ヘス著(←AMAZONの紹介ページへ)

hon.jpg


入学してすぐの頃、図書館にてこの本を見つけました。
筆者がアメリカの動物保護センターで働いた時の出来事が書かれています。

これを読んだ頃は動物は好き、だけれどそれだけというか、あまり深くこういう問題を考えた事がなかった。

けれど、ネットをするようになって色々知ってから初めて自分の身近にもくっついているように思い始めました。
何か小さなことでもいいからできることはないかと考えてはいるけれど、ブログに色々書いたり、意見のメールを送ったり程度しかしてないからなぁ。最近はネットで情報を読むくらいだし。
自由にできる時間も残り少なくなってきてるから、何か口だけじゃなくて行動をしないと~

久しぶりに読みたくなってきたので、借りてじっくり読んでみよう。

本の感想は追記に。続きを読む
Posted at 01:17 | 読書感想 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。