--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.26

お蔵出し

梅雨です。

雨で犬の散歩にも行けなくなる日も出てきました。
ライチは家のトイレでもできるのですが
やはり室内に閉じこもっているのは暇らしく、
出かけようとすると視線が痛い><
「今だ!」と雨が止んでいるのを見計らって数分ほど出かける事も。
雨が降っていなくても足が短いせいで
アスファルトに残った水がはねて
お腹がビシャビシャになるライチです(笑)
レインコートを着ても同じ。。。笑。
色々と面倒ですが恵みの雨なので少しの我慢です。


そしてネタがないので
2月のバレンタインの時に
父が姉からもらっていた面白いチョコレートの画像を。



超・リアルなゾウガメ型のチョコです。


1006252.jpg
**クリックで画像拡大**

甲羅の一つ一つまで綺麗に再現されています。


1006253.jpg
**クリックで画像拡大**


個人的に甲羅の外側のビラビラ(検索してみると・・縁甲板とか臀甲板などというらしい)
までちゃんとついている所と、脚がかめおくんに似ているのが良い^^



100625.jpg
**クリックで画像拡大**

手の平に乗るくらいの大きさですが、並べてみると

我が家のかめおくんの方が大きい。どこまで成長するんでしょうか。




このカメさん、消費期限が近づいてきたのでやむなく鏡開きに(←違う)
中身は空洞でした(笑)
スポンサーサイト
2009.11.07

とりあえず近況。

ライチの手術日程決まりました。
血液検査も標準値だったので、
(赤血球の量だけは興奮しすぎてちょっとオーバー・笑)
どうか悪いものじゃありませんように~~~
先生は大丈夫と言っていたけれども。
「もう頼んだんやし中見てみないと分からないでしょ」
と冷静に受け止めている家族の中で
やっぱり心配なもんは心配で一人で騒いでます><


話しは変わって、かめお君は元気です。

突然寒くなってきたので保温対策をせねば。
保温ライトの他は、
100円ショップで購入した防災用?の保温シートを
段ボールに貼り付けたもの(外側は見た目を重視して綺麗な紙貼っています・笑)
で水槽を包む程度ですが。。

…よく十年以上もこんなテキトーな感じで…((汗))
ネットで情報収集する度にみなさん大切にケアされていて…
とはいえ今日も元気にガサガサと動き回っていました。


恒例 お食事写真。
Image587.jpg


1回の食事に数種類の野菜を混ぜてます。
葉野菜が少ないときには
昔は敬遠していたリクガメフードも混ぜてみたり。

Image586.jpg

昔は葉野菜だけでいいとか◎◎だけやればいい、とか
情報が錯綜していましたが
野生では色々な物を食べて生きているんだし、
今は亀の体に有毒になる植物以外なら
少しずつ添えていったほうが栄養が色々取れるのかも。。と
試行錯誤中です。
家のペットはみな好き嫌いなく貪欲なので(笑)
野菜ゴミが減っていいですよ~(こら)

2009.07.19

食生活改善!

以前の記事でエサの栄養が偏っている事を実感したので
週に一度くらいのペースで
公園で摘んできたタンポポやクローバー、ヨモギ、それに似たような野草も与えてみています。
犬の散歩のついでにできるので手間もかからず安上がり~
良い季節なので沢山見つかります。
もちろん念入りに水洗い。

小松菜やフルーツにはすぐにがっつくけれど
庭の野草やホウレン草は食べない(以前試しにセロリの葉をやった時も食べなかった。もしかして臭いが嫌いだったのか、体調が悪かったのか?)
かめお君なので、当初食べるかどうか心配でしたが
すぐに全部食べてくれました。

8月追記:セロリの葉やモロヘイヤも食べてくれました。
前回は寒い季節だったので食欲なかっただけかも??


もしかすると家の庭に生えていた草はタンポポ類とは
別の種類の雑草だったのかもしれない;

Image538.jpg

アップロードファイルあと新しいシェルターもでき^^
家にあった壁掛け用の植木鉢でちょうど良いサイズです。



庭といえば、落ち葉を埋めた場所にダンゴムシが大量に発生していて
ダンゴムシを見つけたかめおは何を思ったのか、首を伸ばして食べようとしていました(驚)
で、ネットで調べてみると他にもそういう事をする飼いリクガメもいるんだそう。

最近ちょっと気になった事は
呼び名はロシアリクガメよりもホルスフィールドリクガメの方が一般的なんでしょうか。。?
2009.05.23

影が薄いけれど

暇つぶしにアクセス解析を見ていたら、
最近ロシア(ホルスフィールド)リクガメの検索で
こちらに来る方が多いようなので。。
久しぶりにかめお君(♀疑惑あり)の話題です。

最近、主役のまともな写真がありませんね~

DSCF1166.jpg

…暗い(笑)



***
余談ですが、「ライチの木」で 画像検索すると
うちのブログにあった 「散歩中のライチと大木の切り株」
の写真がヒットするようです。
何で
写真と文章が原因なのか。。
コンピューターの考えていることは分かりません。
検索で来られた方が気の毒だ(苦笑)
***

続きを読む
2008.11.07

11月になったというのに近畿地方はまったく寒くなる気配がありません。
ロンTとジャケット程度で過ごせます。
去年はもっと寒かったような…と思ったけれども
去年の11月に何があったかと考えても大したことを思い出せなくてガク然。。ゆら帝のライブに行ったくらいか…
やはり何か新しい事始めないとなぁ。

ライチもこの通り。 毛布を蹴り飛ばしてます。

IMG_1736.jpg

よく見ると足飛び出てますよ~(笑)




そして久しぶりにかめお君です~

IMG_1733.jpg
近所の家で工事が始まり騒がしいせいか よく首を伸ばして外を見ています。

続きを読む
2007.11.27

寒くなってきました。
かめお君(といっても性別不明。じつは亀はシッポが長いのがオスの事が多いのでメス疑惑が…
もライトの下にいる事が多くなってきました。
ライチはもちろんストーブをつけると我先にと飛び出してきます。

IMG_0160.jpg


そういえば連休は紅葉を見に行きました。
山の中にあるお寺です。大きくて有名な所らしく
白い着物着た巡礼風の方々やほら貝を持った人などまで見かけ年齢層高めの中
ライダースジャケット姿で明らかに浮いてました。
信心のない奴がまざって申し訳ない気分でした。
ああいう場所に行くと建物ももちろん見ますが、
なぜか植わっている植物を見るのが好きです。
苔に覆われた大きな木がそびえ立っているのとか。
ああいうのを絵に描いてみたいです。でも最近自分の画力の未熟さとか想像力のなさに自信喪失。

寒くなってくると色々なことが億劫になってきたり
感傷にひたるようなことが多くなったり

世間からズレた生活ばっかりしてて
このままではイカンなーと思いつつも
解決しないまま日々はすぎています。うーん…考えが後ろ向きです。
2006.08.15

亀だって犬だって

午前中とはいえどんどん暑くなる中、急に思い立ってかめお君の水槽を洗う。

ものぐさな性格なもんで気分が乗っている間にやらないとなかなか進めないので

掃除中かめお君を庭に放していると…



玄関のそばまでやって来たかめお君、段差をのぼろうとして失敗しました。((笑))


リクガメといえば、昨日水族館に行ったら50cm以上ありそうな大きなアルダブラゾウガメがいました。
***アルダブラゾウガメとは***
アフリカのアルダブラ諸島、セイシェル島周辺にだけ生息している陸ガメ。
大きさは1メートル近くなりガラパゴスゾウガメの次に大きい。
数が少なくなり保護されている。


そこの展示には
世界で出回っているリクガメの50%以上は日本に輸入されていることや、
密輸入で持ち込まれ、摘発されたあとの貴重なリクガメは動物園や水族館で引き取っていたが受け入れる場所が少なくなってきていること
などが書いてありました。

動物を飼うのは楽しいけれどそのせいで数が減るのは悲しい。
やっぱり生きて動いている姿を見るのが楽しいんだし、いなくなってしまったら元も子もない。
あとどうしてほとんどが日本なんだろう…??
安易なペットブームのせいだったら嫌だなぁ。
以前犬の散歩中に、ある奥さんが子供が飼っていた亀が大きくなりすぎて川に放したという話をしてて衝撃を受けた。
そんなんせんとってよ~と思う。

「放す」のは「いらなくなったから捨てる、死んでもかまわない」と同じじゃないかと。
ペットショップで売られているミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)は外国の亀なのにそうやって野生で増えてしまっているみたいだし、そのせいで日本固有の野生の生物が減ってしまったりと自然界に迷惑もかけてしまう。

それに今まで餌もらって生活していたのが突然放り出されてどうやって生きていけるのか、分かっているのかな?その川に食べ物があるのか調べたんかな?

犬や猫は大きいし、人に懐いて飼われる動物として生きてきた歴史があるから目立って問題にもなるけれど、こういう小動物だって生きているんだから捨てるのはおかしい。

ネットで調べてみると熱帯魚までも。アロワナやナイフフィッシュなど大きくなる種類の魚を持て余して川に捨てる人がいるとか…信じられん~!

*後日談*
(8/20)に「動物奇想天外」という番組を偶然見ていたらペットから捨てられたグリーンイグアナが石垣島で繁殖していると言う話をしていた。なんと一週間で20匹以上も捕獲。

イグアナの体からはおぞましぃ寄生虫が。。外来生物はそういった見えない所からも自然や人間に恐ろしい影響を及ぼしてしまう。

研究者のおじさんたちが言っていた
「放すことをさも善い事のようにするのはけしからん。ペットを放すのはこのように自然を壊すのを進めるだけなのに。」
「生き物を捨てるのは簡単だがそれを取り除くのは大変な時間が必要になる。」

という事をしっかりと知らなければいけないと思う。


じつは昔、ショップで見かけて飼おうと考えた(母と姉が気持ち悪がったので断念(笑)ことがあったので他人事ではないのです。
10センチくらいのかわいい姿なのに、まさか1メートルにもなるなんて…家では無理だ。
しかも大きくなると気が荒くなるとか。そんなもん黙って売らないでよ(怒)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。